ED改善にとても効果のあるバイアグラとは?

バイアグラとは

現在バイアグラは知らない人がいないくらい広い認知度を獲得していますが、その多くの人の中にもバイアグラについてしっかりと理解しているのは一部の人だけでしょう。

おそらく殆どの人がED改善にとても効果のある薬くらいにしか思っていないのではないでしょうか。

もちろんその認識に間違いはないのですが、いざ使用しようという時にはにわか仕込みの知識だけでは使用方法を誤り、健康被害を起こすことも考えられます。

特に最近は直接病院へ行かなくてもインターネットで購入することもできますし、海外から個人輸入することもできます。

ですから利用者は安全に使用していくためにも、バイアグラに対してある程度の知識を持ち合わせておくことが肝心です。

それではテーマに沿ってバイアグラについて詳しく説明していきたいと思います。

-バイアグラとは?

バイアグラは1991年1月にアメリカで販売が開始されました。

発売されるとその絶大な効果はアメリカ国内で絶大な人気を誇り、アメリカはもとより他国からも個人輸入業者を介して多くの注文が入り、瞬く間に世界中にバイアグラの存在が知られるようになりました。

バイアグラは本来RD治療薬として研究・開発されたものでなく、元々は狭心症の治療薬として研究されていました。

しかしその研究中の臨床実験にて偶然ED改善の効果があることが発見され、ED治療薬としての研究が進められることになったのです。

バイアグラは周知の通り医薬品ですから利用者の健康状態によっては服用すると健康被害を引き起こすこともあります。

しかし販売当初はそれをよく理解していない人たちが医師への相談なしで個人輸入して服用し、心肺停止を発症したという事例が日本でも数件発生しました。

-バイアグラの成分は 

それではその健康被害を引き起こす原因となったのは何が原因だったのでしょう。

バイアグラのED改善への有効成分は「シルデナフィル」です。

現在販売されているバイアグラは50mgと25mgの2種類がありますが、これはシルデナフィルの含有量を示しています。

バイアグラ50mgの場合ならシルデナフィルクエン酸塩は70.32mg中、らシルデナフィルが50mg含有されているというわけです。

このシルデナフィルは血管拡張の作用があり、RD改善に効果があるのもこの作用の効果かによるものです。

しかしこの作用は心臓病の治療に使用するニトログリセリンなどの硝酸塩系の薬剤と同じ作用を持つために、既に心臓病治療のためにこの薬を服用している人がバイアグラを使用すると急激な血管拡張が起こり、血圧が急激かつ大幅に低下して狭心症を引き起こしてしまい、心肺停止となってしまうこともあるのです。

このようにバイアグラは医師の診断を受けた上、使用方法を守っていれば劇的なED改善効果を得ることができますが、つたない知識による勝手な解釈で使用すれば多大な健康被害を引き起こす可能性があるということを十分理解しておいてくださいね。
 

品質重視の薬通販店 Jkusuri Jくすり ジェイくすり : サイト引用